スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
珍獣退散
2006 / 09 / 21 ( Thu ) 19:19:30
明日の2回目のお薬点滴レミケードを控えての検査。
この検査の結果がこの先の入院期間を左右するのでちょっと緊張気味。
事前の準備で早くも出血して検査結果もビミョーかも?
なんだか涙ぐみ加減


内視鏡室へ向かう
今日の担当医見てみると、主治医の先生とミスターレミケード、だから今日なんだ~と納得して検査室へ・・・
検査室の看護師さんが私の事覚えてくれてた。
「元気そうになって~」
「あれから入院してたの~?」
「ずっとご飯食べてないの?」と驚いた様子。
初めて来たときの衰弱ぶりが印象的だったようで気にしてくださってたみたい。感謝!
なんだかこの看護師さんにあうとまだ3度目だけどホッとするのは、その優しさのせいなんだね
主治医の先生なので出血のこと話すと
「期待は今日は薄いかもしれませんね~まだ1度目ですからね」と慰めてくれた。
前見た時みたいに腸だかなんだかわからない珍獣がまだ住んでるかも知れない。悲観的なこと言われたら涙腺緩むだろうから、ちょっと気合い入れておかないと!!

検査始まって
「綺麗になってるよ~」
背中にあるモニター見ようとすると、
“動いてはダメです”
今までは見れたのに~
初めが激しかったらしくこんなの珍しいのか
「あーこんなに治って行くんだー」とポツリ
早く見てみたい。
結局モニターは見れず、静止画だけみせてもらう。
はじめよりずいぶん腸らしくなった。まだまだだけどレミケードは頑張ったみたいだね。
部屋に戻りホッとしてボーとする。
変化があって良かった
だーだに食事はじまるよ~って電話すると
「いつから」
「????」
怒られた
スポンサーサイト
* 携帯 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
<<申し送り * HOME * 私がここで元気なのは・・・>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback URL
http://orangekatatumuri.blog12.fc2.com/tb.php/308-9ea3277a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。