スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
ねこさん
2005 / 08 / 26 ( Fri ) 12:20:24
今日石娘さんより猫の置物が届いた。
お地蔵さんが大好きな私は、石の感触や可愛い姿に大満足。
neko.jpg


このねこさん、亡くなってからはじめての父の誕生日にとお願いしたもの。注文してから作ってくれると聞いて、なんだかとっても嬉しかった。
父とは事情があってしばらく行き来がなかった私は、父が病気だと聞いたときには、1日の大半を夢の中で過ごしているときだった。
その夢の中で小さい頃の私と兄と過ごしているようで、継母が私に連絡をくれた。
6年ぶりに会ったのに何も話せないまま・・・
そのときの父には幼い頃の私しか映ってなくて、「来てるよ~」と言ってくれても「冗談いうなよぉ」って笑ってはまた夢の中に戻っていく。
何度も連絡を取ろうとしてとれずに、あきらめていた父。

そのときに父が猫を6匹飼ってることを話してくれた。
怪我をした猫や、捨てられた猫を保護しては育て一緒に過ごしているらしい。
我が家はに小さい頃にねこを飼ってたけれどそれからはずーと犬だったので、父はネコよりも犬が好きで、だから家族みんなが犬好きになったんだと思ってた。
でも「あなたは犬が好きだったのよね」って言われて、もしかして父はネコ大好きだったのかも知れない。。。。。
私がイヌばっかり拾ってくるから・・・

話しているうちに
今まで色んな感情があったけれど、
なんだか父の優しさを感じた気がして、
あなたと思ってネコたちを大切にしてたと思うって言葉が、心に響く。
父の私への気持ちの重さに遠ざけてしまった自分と、最後に言葉を交わせなかった事がとても悔しく思えてならない。
ただ、最後に会ったときにずーと見つめてた目は、私って気がついてくれたんじゃないかって思いたい。
いっつもかっこつけてたから、照れくさかったんだよね。

最後までねこのこと心配してたから・・・
せめて、このねこが父に届きますようにって思う。
スポンサーサイト
* 独り ごと * comment(0) * page top↑
<<お昼ね * HOME * 鉛筆>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。